カテゴリ:ヤギ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ともちゃんが出産\(^o^)/

お久しぶりで~~す!!

最近日が伸びましたねーー!!
17時半になってもまだ明るい!

春が近づいてきております!!

そしてビッグニュース\(^o^)/
なっなんとともちゃんの子供が産まれました(*^_^*)

昨日元気な女の子と男の子産まれました!

その姿がこちら!!

ゆきちゃn 子ども1

ゆきちゃん 子ども

耳垂れてる方がオス
もう一方がメスです!!

写真越しからでもかわいさが伝わってくる~~~!!

しかし某二年生まだ会っていません……
昨日は学校におらずLINEで産まれたことを知りました…

昨日はヤギの世話をしに学校に来たらもう産まれていたそうです
ヤギ強し

それにしても今回は無事に産まれてきてくれてよかった~~(*^_^*)

また近況を報告します☆

某二年生は今から会いに行ってきまーーす^^

では今回はこんなところで!!

子ヤギちゃんです!!\(^o^)/

どもどもーーー
今日はお散歩日和ですね!!

午後は陽も出てきてポカポカです(*^_^*)

久しぶりに子ヤギちゃんに会ってきました!
そしたら

ピアス 1

もうこんな感じです!
言わなくてもわかると思いますが

かわいい!!!

でも少し震えていました……寒いのかな(・_・;)

そしてYAMOIのイケメンとみんなにクマさんと呼ばれる
二人が子ヤギに会いに来ました!
まあどちらも二年生ですが笑

二人はこんな感じです

makio

take

まあどちらがイケメンでどちらがクマかは内緒です(見ればわかると思いますが…笑)

それにしても子ヤギちゃんはかわいいかわいい!

ゆきちゃん 朋ちゃん ピアス

はじめて小屋から出てきましたが怖がりながらも出てきて
足場を必死に探しているあたり
かわいい(*_*)

ちなみに真中がゆきちゃんで左が朋ちゃんです!

朋ちゃんの出産予定日はちょうど二週間なので
待ち遠しいです!




ヤギ出産の詳細です\(^o^)/(小説風)

どもー!
こんにちは~

某二年生です!
花粉のせいなのか鼻がムズムズです……

今日は先日の出産の様子をなっなっなんと
小説風にして書いてみました!

まあ本人このような書き方は何分初めてなので…
同じ学年の人にはもう添削だらけと注意をくらいましたが
めげずに載せます(笑)

全部で3500字くらいあるので時間の余裕があるときにでも
読んでみてください
某二年生視点で書かれています!

それではどうぞ!!

ヤギの出産

2015年2月20日10時30分頃、一本の電話が鳴った。
「先生、ゆきちゃんの赤ちゃんが生まれそうです。」
電話を取ったのはT先生であり、僕らのサークルYAMOIの担当教諭でもある。
私は、先生の電話を聞きつつ、予定より一週間はやいな。と思いながらタオルもかき集めていたがどこにあるかが分からず、あまり集めることができなかった。その時は至って冷静であり、しかし心は高揚していた。ユキちゃんとは、ヤギであり3頭いるうちの1頭である。
私は去年の2014年にゆきちゃんの出産に立ち会った。その時は一年生であり、何をすればいいかわからず右往左往していた。先生やKさん(飼育員)はちょうどいなかったが、一個上の先輩方がいたため、安心感があった。その時のことを思い出しながらもう一年間経ったのか。と物思いに耽っていた。
「Hさんのところへカメラと延長コードを借りてきて。後SDカードの容量がちゃんと入っているのかも確認してね。」
要件がたくさんあり、忘れないように頭の中で繰り返しつつドアをノックする。すると
中から
「どうぞ。」と言う声が聞こえ入るとすでに準備してくれていた様子であった。私は
わざわざ私に言わなくても良かったのではないか。と思いつつも先生の言っていたことを再度繰り返し伝えた。Hさんはテキパキと準備物をそろえ、最後にSDカードを差し込み、カメラを貸してくれた。
「そのカメラを技術専攻の教授のだからくれぐれも汚さないように丁寧に扱ってね。」と言われ、落とさないようにしなければと思い少し肩に力が入った。カメラを借り研究室に戻ると先生はツナギに着替えお湯を沸かしていた。ヤギの赤ちゃんは、一頭目は母親が体をなめるため冷えないで済むのだが、二頭目になると母親が大変になってしまうため人がタオルで冷えないように体を拭いてあげる。その時に使うお湯であった。私は再びタオルを集める作業を開始した。その時にはMくんが一緒におり、タオルを探すのを手伝ってくれていた。ある程度集まったところで先生に渡すとジャグにお湯がたまったところであった。先生が僕らを待っていたみたいだったので
「先に言っててください。僕らもつなぎに着替えてから行きます。」と伝え着替えに行った。着替えは過ぎに終わり、研究室に戻ると先生はすでにいなかった。動きがはやいなと心の中で思いつつ片手にバスタオルを抱えマッチとヤギ小屋まで走った。その途中、体育館の前で同じコースのSくんにあったが笑顔で手を振ってその場を過ぎ去った。走っても先生には追い付かず、こんなに先生の足速かったかなと思いつつヤギ小屋に着くと先生の車があり、なるほどねと言った具合に納得した。長靴を履いたまま消毒層に足を突っ込みヤギ小屋の中へと入る。小屋の中ではKさんと一年生のAさんがいた。当のユキちゃんは産まれそうだというのにボリボリとヘイキューブに夢中であった。お尻を見てみると多少出血の跡が見られた。
「来た時にはもう出血していたんですよ。」とKさんが話していた。私は今か今かと待ち望んでいた。それもなぜかというと、去年は破水して数分で元気な赤ちゃんが3頭生まれたからである。その時の経験からすぐに産まれるものだと思っていた。
しかし、今年は産まれる気配はまだなかった。ずっとヘイキューブを食べている始末である。そこで時間がかかりそうということでMくんは3頭のうちの唯一のオスヤギのつよしに喧嘩を吹っ掛けに行った。つよしは人と遊ぶのが好きである。遊ぶと言ってもそれは生ぬるいものではない。頭突きや押し比べといったまさに相撲を連想させるような遊びだった。Mくんは手のひらをつよしの頭に乗せ、本気で押す。さすがは日頃筋トレをしているMくん。最初は互角であったものの徐々につよしが後退していく。よくやるな~~と他人事のように私は見ていた。そのうちゆきちゃんが泣き始める。苦しいのかと思い振り返るとKさんからもらったアオキをおいしそうにボリボリボリと食べていた。この様子を見て今回は長そうだとまた思う。
「ちょっとー。頼みごとがあるからきてくれーー。」とMくんの声が聞こえた。私はなんだろうとつよしの小屋に入ると柵の網に起用に足を引っ掛け二本足で立っているつよしを発見。その隣には柵の手の届く範囲で草を引っ張っているMくんがいる。
「写真とってくれ。」とにこやかに言うMくん。誰が見ても幸せそうに見える笑顔で言われたら断れるはずがない。まあもともと断るつもりもないが。持っていた携帯のカメラでパシャ、パシャっと撮っていく。「ハイチーズ。」なども言わずに黙々と自然体を取っていく。満足したようで
「ありがとう。」と笑顔で言われた。どうやったらこのように屈託のない笑顔を作ることができるのかと思いつつ、つよしの小屋から出た。
そしてゆきちゃんの様子を見ると非常に苦しそうにしていた。口を開け必死に息をしていた。口から出る息は白い靄となって消える。その様子は絶対元気な赤ちゃんを産んで見せると宣誓しているようであった。先ほどとは違う声を上げており本当に苦しそうであった。時折小屋の壁に頭を当て上を向いている姿はまるで人間のようであった。声をあげ必死に力を入れるが上手くは出てきてくれない。その間にも先生やKさんは
「引っかかっていたらどうしよう…。獣医さんに連絡したほうが良いのか。」と不安を隠せないような状態であった。
「ゆきちゃんがんばれー!!。」と皆で声をかけている中、3頭のうちの1頭のメスヤギのともちゃんは入り口付近においていた藁をここぞとばかりに食べていた。
ゆきちゃんは踏ん張る、藁を食べる、疲れ座る。踏ん張る、藁を食べる座る。を繰り返した。そして11時43分やっとその時を迎える。お尻の部分から膜が飛びで割れた。破水が起こったのである。
「がんばれ!もう少し。」と懸命に私たちは声を掛け続けた。
「何か見える…足だ!足が見えた!」と叫び見てみると足が出ていた。生きているか、無事なのかと思い見ているピク。ピク。足が動いた。早く出てきたい。早く早くと言っているように思えた。そこから徐々に頭が見えてきた。逆子でなく安心していたが、そこからしばらく時間がかかった。頭には膜がありうまく息がすえないようであった。すかさずKさんがゴム手袋をつけた手で息がしやすいように拭った。すると苦しそうながらも息をしていた。
「あと少しがんばれ!がんばれ!」皆で声を掛け続けた。そこからはあっという間であった。新たな生命が大地に足を付けた。ゆきちゃんは娘が冷えないように必死になめていた。赤ちゃんはその温かさに安心しているようであった。私たちは安堵と共にほんとに良かったと肩から力を抜いた。しかし、まだ終わったわけではなかった。去年は3頭生まれたからだ。今年も十分お腹が大きくなっているところを見るとまだ終わっていない。しばらく、元気な赤ちゃんをなめ、その様子を見ていると……きた。
2頭目の足が見えた。ゆきちゃんは踏ん張る。力が抜け座り込む。踏ん張る。座る。徐々に見えてくる中で頭は出てこなかった。逆子だ。そして足をずっと見る。生きているか、無事なのか。皆が見ていた。私は足に触れてみた。元気な応答は帰ってこず、力なく垂れた足がそこにあった。しかしまだ、まだきっと大丈夫だ。きっと。そして2頭目が産まれた。そしてすぐにKさんがタオルで体をふく。
「大丈夫か。おーい。大丈夫か。」何度も声をかけ叩きショックを与える。そして人工呼吸をする。するとお腹の中から
「ボコボコボコボコ。」と音がした。お腹を触ってみるとこれでもかと言うくらいお腹が張っていた。そこでは私たちは、なんらかの要因で羊水を飲み込んでしまったのではないかと考えた。そこから何度も何度も人工呼吸を繰り返したが閉じた目を開けることはなかった。
私たちは誕生と同時に死と直面した。これが自然である。皆生きて産まれてくるとは限らない。わかっているのか。そう言われているような気がした。
ゆきちゃんは悪くはない。誰一人として悪くはない。しかし悔やみ、なんともやりきれない思いであった。元気な赤ちゃんはその後時間がかかりながらもお乳を飲み自力で立つことができた。しかし、もう一匹は解剖の結果、体内の内傷による失血死ではないかと思われた。本当の死因は獣医ではないためわからずじまいではある…。
今回の出産は去年と同様うまくいくというわけではなかった。生と死。二つの側面を垣間見るようであった。この経験はきっとどこかで役に立つのではないか。誰かにも伝えたいという気持ちでいっぱいである。

………しゅっ出産!?!?

どもども~~
某二年生です

今日ゆきちゃんが……
出産しました!!

一週間も早い出産で一同焦り(*_*)

そして迎えた破水の後なんと1時間30分…
長い!!

去年は破水しすぐに産まれたのですが心配…

そして一頭目は頭からでて産まれました!
感激、感動(>_<)

チビ 2


二頭目には時間がかかってしまい…
逆子で、産まれてきたときには動いておらず
Kさんが人工呼吸をするが……

亡くなってしまいました

誕生と死の両方を見せつけられた瞬間でした

この体験は非常に貴重であり
忘れられない一日となることでしょう。。。

無事に産まれてきてほしかった泣泣

今度産まれてくるまでの過程のお話をしますので
待っていてください!

ゆきちゃんお疲れ様でした!!

大学生は春休み!!

どもども~
やっと最後のレポートが終わり………


念願の春休みです!!!!

後は単位が来ることを願うだけ

今日のヤギの世話は某二年生ではなく
YAMOIの代表が世話係でした~

この代表はちょっと面白く
動物が嫌いなのにもかかわらず
YAMOIに入ったという人です(笑)

しかし、今ではヤギやウサギや烏骨鶏と触れ合っていたら
大丈夫になったようです!

環境が好き嫌いを変えるのですね~…

とまあ動物が嫌いでも気づいたら
動物が好きになっているサークルということですね☆

今日のつよしと朋ちゃんの7様子です!

つよし 1


朋ちゃん 1

つよしは相変わらず…怖い
某二年生はつよしを怖がっております笑

実際はいうことも聞くしいい子なんですけどね!

朋ちゃんは3月16日に出産予定ですーー!
実に楽しみです(*^_^*)

ゆきちゃんは3月1日!

無事に産まれてきてほしいです!

今日はこの辺で!
ではでは~~~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。